マンション投資基礎知識

30代が不動産投資を始めるべき理由

top

30代は、ライフイベントが多い時期ですが、不動産投資を始めるのに最適なタイミングと言われています。

その理由と、メリット・デメリットを解説していきます。

30代が不動産投資を始めるべき理由

1.融資が通りやすい

不動産投資で融資を受けることの出来る金額は、一般的には年収の約7倍~10倍と言われています。

30代は、20代よりも勤続年数も長くなり、年収も上がっている傾向があるため、銀行の融資が通りやすくなります。

2.定年までにローンを完済できる

各金融機関の条件や個人の属性によっても異なりますが、不動産投資ローンの返済期間は30年~35年としている金融機関が多くなっています。

30代でローンを組むと、ちょうど定年あたりで完済できることになり、完済後は毎月の家賃収入を得る、もしくは売却をして売却益を得ることで、セカンドライフの資金計画に役立てることが出来ます。

3.副業に最適

不動産投資は、株やFXと違い、購入後の賃貸管理を管理会社に委託してしまえば、ほとんど手間がかかりません。

役職がついたり、本業が忙しくなるであろう30代でも本業に専念することが出来ます。  

また、趣味に打ち込んだり、家族と一緒に過ごすなど、自由な時間の確保が可能です。

4.ライフプランの変化に対応

特に女性の場合、30代は結婚や妊娠、出産など、ライフイベントが重なりやすい時期です。

妊娠前に不動産投資を始めていれば、産休や育休に入り収入が減ってしまっても、資産形成を進めることができます。

 

では、30代で不動産投資を始めると、どのようなメリットがあるでしょうか?

30代で不動産投資を始めるメリット

メリットデメリット

1.投資戦略が立てやすい

不動産投資を始めるにあたって大事なことの1つとして、「何年後までにいくらの資産を作りたいのか?」という目標設定があります。

ライフスタイルが固定される30代であれば、今後の人生設計の目途を立てることができ、目標設定もしやすくなっているのではないでしょうか?

30代は融資も通りやすいことから、投資戦略が立てやすい年代と言えるでしょう。

2.長期で運用が出来る

個人で不動産投資を行う場合は、短期売買を繰り返すのではなく、ある程度の期間、所有をするのが一般的です。

また、不動産投資の魅力の1つとして、少ない資金で大きな資産を形成できるという、『レバレッジ効果』がありますが、長期でローンを組んで運用する方が、レバレッジ効果を高めることができます。

3.複数戸の運用→FIREの実現も

30代から不動産投資を始めた場合、定年を迎えるあたりまでには完済が出来ます。また、子育てが一段落し、生活に余裕が出てきたタイミングで繰り上げ返済をするなどの方法で複数戸の運用をしたり、一棟アパート/マンションにチャレンジしたりすることで、FIREの実現も可能になるかもしれません。

 

ここまでを見ると、良いことばかりのように思われるかもしれませんが、もちろん、デメリットもあります。

30代で不動産投資を始めるデメリット

1.住宅ローンとの二重ローン

30代は、住宅購入を考える時期でもあり、住宅ローンと不動産投資ローンの二重ローンになる可能性があります。

不動産投資ローンは賃借人からの家賃収入で返済をしますが、空室になった場合には、預貯金からの負担が必要になる場合もあります。

不動産投資用の資金を一定額プールしておくと安心です。

また、出来るだけ空室期間を短く抑えるため、賃貸需要が高いエリア、物件を選ぶことも重要となります。

2.管理会社選び

前述の『30代が不動産投資を始めるべき理由』③副業に最適 の通り、不動産投資は、賃貸管理を管理会社に委託してしまえば、ほとんど手間がかかりません。半面、管理会社選びを間違うと、リスクにもなりえます。

大切な資産を管理してもらう管理会社選びも不動産投資の重要なポイントとなります。

まとめ

不動産投資の重要なポイントの1つが銀行融資です。

現金購入でない限り、借入れが出来なければ、始めたくても始められません。

融資が通りやすく、レバレッジ効果を最大限に引き出すことのできる30代の利点を活かし、不動産投資を始めましょう!


マンション投資の教科書を運営するジー・ピー・アセットが主催するセミナーのご案内 超入門!! 失敗相談事例に学ぶマンション投資セミナー

場所

新宿駅南口徒歩5分ジー・ピー・アセット
セミナールーム

セミナー情報はこちら