不動産投資の
かけこみ寺
セカンドオピニオン

不動産投資の失敗相談事例

相談
内容

決断を迫られました・・

マンションを紹介して貰った日に、いきなり決断を迫られました。
投資に興味を持ち始めて、初めてマンションを不動産営業の方と見に行きました。
ワンルームタイプを紹介して頂き、設備の内容等を聞きましてごみの回収場所なども一緒に営業の方と見て周りました。
管理内容などは、マンションの施設を周りながら 口頭での説明を受けて周っていました。
その日は、私用でどうしても、1件しか見ることができませんでしたが、マンションを紹介して頂いた営業の方から・・・・
『本日中に決めて欲しい!』と言われました。
その言葉に 『びっくり!』 です。
私自身、情報が少ないのにいきなり決断を迫られました。
もちろん、資金的な事も具体的にどうするのかも話をしていませんでした。
順序が逆ってありなんですか?

回答

アセットマネージャーの藤井 誠がお答えします。

不動産は同じ物件は存在しないため、お客様にご決断を頂く仕事でございます。

営業という仕事柄、お客様にご決断を頂く仕事でございます。
会社によっては勢いに任せてお客様に切迫感を与え、強制的に決断をさせるやり方もあるそうです。
ご購入頂くまで、ご購入頂いてからも、そして空室になっても、売却に出されても、すべてお任せ頂きたいから、本気でお客様と向き合い、本気でぶつからせて頂いております。

不動産投資に関することで不安やお悩みがあれば、
ぜひ私たちにお聞かせください