宮本 由香利

お客様ファーストの賃貸管理。
質とスピードを極めたい

プロパティマネジメント事業部
グループリーダー

宮本 由香利YUKARI MIYAMOTO

賃貸管理の知見を広げるために出向を決意

宮本 由香利

親会社の株式会社プリンセススクウェアーから出向して2年が経ちます。出向元では売買物件の権利関係の調査、契約書類や重要事項説明書の作成、経理業務などを幅広く行っていました。出向の話をいただいた際、ホームページを見てマンション投資について本気でお客様の立場に立ってアドバイスする姿勢に感銘を受けました。実際にセミナーに参加してもその印象は変わらず、投資物件における賃貸管理業務の知見を広げ、経験を積むべく出向を決意しました。

現在はプロパティマネジメント事業部で賃貸管理の仕事に従事しています。具体的には、賃貸物件の更新手続き、再契約手続きをメインに、更新時に建物の設備の不具合等があった際の受付や一時対応の手配、オーナー様への連絡、見積の作成等も行い、業務内容は多岐にわたります。売買、賃貸、管理と不動産に関わるあらゆる業務をチーム一丸となって協力しながら行うので、仲間とサポートし合いながら仕事に取り組めています。

「悩む前に即行動」が、顧客満足度を高める

宮本 由香利

更新業務において大変な仕事の一つが、賃料の値上げ交渉です。相場と開きがある物件については契約更新の際、借主様に賃料値上げのご案内をしなければなりません。この時に心がけているのが、一度のコミュニケーションで交渉を完結しようとするのではなく、計画的に段階を踏んで連絡を行い、丁寧なコミュニケーションを重ねること。そうすることで、多くの場合、借主様からのご理解をいただき、オーナー様の希望通りの金額で更新することが可能になります。もちろん、希望通りに進まないケースもありますが、その際もオーナー様と密にコミュニケーションをとることで信頼関係を築くようにしています。

私のモットーは、「どうしようと悩む前にまず行動すること」。たとえば、値上げ交渉の際も、やらなければならないとわかったら躊躇せずに連絡します。どうしようと考えて悩んでいても物事は進まず、むしろ借主様の立場で考えるとギリギリに言われるほうが迷惑だからです。ジー・ピー・アセットで数多くの案件と日々接するようになり、またお客様ファーストの精神を学ぶことで、こうした判断の質とスピードを高めることができていると感じています。お客様からの問い合わせにもすぐ対応する。小さなことかもしれませんが、この積み重ねが顧客満足度を高める重要なポイントになると思うので、今後もお客様視点に立って、瞬時に判断する力を伸ばし、その質とスピードを極めたいと思います。

ジー・ピー・アセットの強みはどんなところにあると思いますか?
賃貸、売買、管理のすべてをワンストップで担っているため、たとえば賃貸管理を依頼されているお客様が売却を検討していることがわかれば、すぐに担当に繋げるなど、お客様の不動産にまつわる様々なご相談に対応できる点が強みだと思います。
ジー・ピー・アセットの社風や企業文化で好きな部分をおしえてください。
ちょっとした話で大変恐縮なのですが…朝礼の時、テーマを決めて順番でスピーチを行なっています。スタッフの意外な一面を知ることができるので、いつも楽しみにしています。
ジー・ピー・アセットは将来、どんな会社になると思いますか?
成長めざましい会社なので、これから先も賃貸・売買・管理ともにバージョンアップし、業界の中で存在感を増していくと思います。管理に関わる立場としては、テクノロジーも活用しながら事務作業をもっと正確かつスピーディにできる仕組みを構築し、会社の成長に貢献していきたいです。