久保田 愛小羊

努力をコツコツと積み重ねて
大きな成果を作るのが私のスタイル

リーシング事業部
マネージャー

久保田 愛小羊ASAYO KUBOTA

営業はやらないと決めたのに、まさかの営業職で内定

久保田 愛小羊

以前は公務員として約5年ほど働いていました。転職の際は業種問わず幅広く検討していたのですが、積極的な性格ではないので営業だけは向いていないと思い、営業職以外の仕事を探していました。ジー・ピー・アセットはたまたま見つけた候補の一つ。事務スタッフを募集していたので応募したのですが、採用枠が埋まってしまい内定には至りませんでした。しかし、採用担当の方に「営業ならどうですか?」と言われ、ものは試しで面接を受けてみました。

面接を担当してくださったのは小川社長。社長も同じ公務員を目指していたこと、賃貸営業の重要性や楽しさをいろいろと教えてもらいました。営業はやらないと決めていたのに、気づいたら社長の営業トークにすっかりハマり(笑)、その場で内定をいただけたこともあって、入社を決意いたしました。

賃貸営業で売買にも劣らない売上獲得に成功

久保田 愛小羊

弊社とお取引のあるオーナー様の物件が空室になった際、新しい借主を探してくることがミッションです。最初はとても大変で、心が折れて泣いてしまうこともありました。でも、だんだんと慣れていくうちに、自分の努力が数字として現れることの楽しさや、意外と負けず嫌いな自分に気がつき、営業の仕事にのめり込んでいきました。賃貸で売買と同レベルの数字は作れないと思っていたのですが、毎日コツコツと契約を積み重ねていくことで、結果として売買に劣らないくらいの数字を作ることができたのは大きな自信になりました。

入社してから現在に至るまで、相手の立場に立つとはどういうことなのかを学ぶ日々です。オーナー様の思いや借主様の思いを汲み取れず、お叱りをいただくこともあります。両者の立場に立って、落とし所を見つけるのは簡単ではありませんが、誰のためにやっているのかを考え尽くせば、自ずと答えは出てきます。まだまだ自分本位になってしまう時があるので、お客様の立場、仲間の立場、社長の立場、会社の立場に立って考え尽くし、みなさんとともに成長していきたいです。

ジー・ピー・アセットの強みはどんなところにあると思いますか?
職種の分け隔てなく、互いにリスペクトし、協力しながら数字を作っていること。一人では絶対に大きな成果は出せないとわかっているので、感謝の気持ちを伝えたり、どうしたらみんながよくなるのかを常に考えています。やりたいことに挑戦できる社風も、会社が成長する上で欠かせない強みだと思います。
ジー・ピー・アセットの社風や企業文化で好きな部分をおしえてください。
社員の仲が良いです。と言ってもただの馴れ合いではなく、互いにプロフェッショナルとして尊敬し合う仲です。また、社長室がないため社長との距離が近く、何かあったときも「報・連・相」がすぐに行えます。
今後、どんな道を拓いていきたいですか?
部下の育成を行うこと、それから、賃貸営業以外の業務にもチャレンジしたいと思っています。この先、不動産投資業界でオールラウンドに活躍できるように幅広く知識と経験を培っていきたいです。