藤井 誠

不動産投資のプロである以上に
人生設計のプロでありたい

カスタマーサクセス事業部
マネージャー

藤井 誠MAKOTO FUJII

出向して8年、お客様の成功に携われることがやりがい

藤井 誠

もともとは親会社の株式会社プリンセススクウェアーで、仲介業務を行っていました。営業として5年ほど働いたのち、私が建築士の資格を持っていたことから、グループ会社でリノベーション事業を展開する株式会社レッツクリエイションに出向。リノベーションを軸にしたコンサルティング業務に携わらせていただきました。そこから4年後、今度は個人的に株式投資をしていた縁もあり、ジー・ピー・アセットへの出向を打診されます。

昔から株式運用をやっていたので投資に関する知識はあったものの、正直、不動産投資には「騙されそう」というネガティブなイメージを持っていたため、当初は出向することに抵抗がありました。しかし、代表の小川と一対一で面談をした際、「私たちは強引に売る、目先の利益だけを考えて売ることは絶対にしない。不動産投資は人生を豊かにするものであることを、実際にお客様を成功させて証明していくんだ」という話を聞き、この会社はお客様の成功を第一に考えているんだと、これまで抱えていた不安が払拭されました。出向して8年、小川社長の言葉どおり、不動産投資のプロフェッショナルとしてお客様の成功に携われていることに、大きなやりがいを感じています。

「夢を叶えてくれてありがとう」の言葉が忘れられない

藤井 誠

私は主にセミナーの企画・実行、相談会の窓口業務を中心に、お客様に投資プランや物件の提案を行っています。最近ではオンラインでのセミナーや、個別相談も担当しています。

この仕事をやっていて良かったと心から実感したエピソードがあります。数年前、とあるお客様から「ポルシェを買うのが夢だ」とお話をいただきました。その方の自己資金は100万円、決して潤沢な資金があるわけではなかったのですが、条件に合わせた物件をご提案し、無理のないプランで運用を行っていただきました。

その後、当社のネットワークの中からたまたま買い手が見つかり、物件を売却すると800万円の利益が出ました。この800万を元手に次の投資物件をご提案することもできたのですが、その方は利益を活用して念願のポルシェを購入されました。その時のお客様の嬉しそうな顔、「夢を叶えてくれてありがとう」という感謝の言葉は今でも忘れられません。その方とは今でもパートナーとして良好な関係を築けています。

私たちは不動産投資のプロである以上に、お客様と一緒に最高の人生設計を描くパートナーであると思っています。これからもその矜恃を持ってお客様に喜んで頂き、お客様の人生を豊かにするお手伝いをしていきたいです。

ジー・ピー・アセットの強みはどんなところにあると思いますか?
お客様ファーストで、一人ひとりに最適なソリューションを提供できること。たとえば新築マンションを売る場合、全戸を売らなければ次の新しい物件を提案できないという話も聞きます。当社の場合、エリアの違う物件など多種多様な物件のネットワークがあるため、お客様にとって一番良い物件を提案できます。
ジー・ピー・アセットは将来、どんな会社になると思いますか?
簡単に言えば、「わらしべ長者」のようになるのではないかと思います。お客様の利益となるものを提供し、信頼関係を築くなかで、ご友人や同僚、親族などをご紹介いただき、またそのお客様に利益をご提供する。お客様とともに、これからも大きく成長していくと思っています。
今後、どんな道を拓いていきたいですか?
お客様の成功を考えたとき、必ずしも不動産投資が最善の策でないこともあります。それでもお客様の人生設計の手助けとなるよう、不動産投資の知識だけでなく、株式や投資信託、外国為替CFD等の知識も身につけて、カスタマーサクセスを実現していきたいです。