MESSAGE代表挨拶

お客さまに
「差し上げるものは何か」を
常に考えています 株式会社ジー・ピー・アセット
代表取締役 小川 進一

ジー・ピー・アセットは2001の創業以来、不動産の資産運用という分野で「お客様の資産をどうしたら膨らませることができるのか」をひたすらに考え抜き、事業を行って参りました。また近年ではITの活用にも力を入れており、自動でお任せできる不動産投資「FUKURAM」やAIを活用した失敗事例のビックデータ解析、スコアリングシステムによる物件選定などを進め、お客様が最小のリスクと手間で最大のリターンを目指せる体制を整えております。
これらの取り組みを多くのお客様からご支持いただき、創業から20年、お陰様で順調に事業を拡大させてきております。

さて、昨今リーマンショックからようやく立ち直りかけた日本経済はコロナウイルスの世界的流行により再び先が見えにくい状態に突入しております。また預貯金を含む「金融商品」の金利も長い間低水準で推移しており、資産運用をする環境は益々厳しい状況にあります。一方では少子高齢化が年々進み、先行きの見えない年金制度に対し不安を感じ、将来の老後に備え資産形成を真剣に考える人が増えてきています。
そんな中近年さらに注目を浴びているのがマンション投資です。賃料という安定的な収入を確保できることから「金融商品」として高く評価され、公的年金に代わる「第二の年金・家賃年金」として人気を集めています。

ただご承知の通り全くリスクの無い「金融商品」はありません。比較的不動産投資は、株式投資などに比べてもリスクは低いと言われていますが、それでも不動産が持つ個々特有のリスクを考えますと慎重な物件調査やリスク分析は必要不可欠です。
私共は不動産を扱うプロとして、今まで培った実績と経験に加え、ITの力も存分に活用しながらマンション投資を成功へと導いてまいります。
又何よりもお客様とのご縁を大切にし、出会えたお客様に「差し上げるものは何か」を常に考え、顧客満足を徹底的に追求していく所存ですので何卒よろしくお願いいたします。

お客様には「笑顔で豊かな人生を歩んで頂くこと」、そしてお客様から不動産の分野において、「生涯のパートナーとして」選ばれること、それが私共の想いです。

代表取締役小川 進一