不動産投資のジー・ピー・アセット
お問い合わせフリーダイヤル:0120-86-4981
HOME > マンション投資で失敗しないために > 天災のリスク
マンション投資で失敗しないために。マンション投資よくある間違い
マンション投資のリスクとは「不動産特有のリスクを理解する」

天災のリスク

不動産投資には、不動産の「不動」という特性によって天災のリスクが伴います。

地震や火災は保険によってある程度カバーが可能ですが、保険契約の内容をよく吟味しないと保障が受けられないケースや、保険金額が一定金額までしか出ないケースもあるので注意が必要です。

地震や火災のリスクを軽減して長く一定の収益性を保つには、所有者側の管理・運営の状況も重要な課題といえます。

耐震性、耐火性の高いマンションに投資をしたり、中古の建物の場合は耐震補強を要するなど、多くのコストが発生します。また投資対象のマンションを複数の地域に分散することによって、リスク軽減を図ることも重要となってきます。

地震や水害によるリスク

日本は言わずと知れた「地震大国」ですが、毎年、大小の地震が全国各地で発生しています。科学技術が発達した現在でも地震を予知することは不可能とされています。

不動産は「不動」であるため、大地震が起きた場合には建物が倒壊するリスクを背負っています。しかし、いつどこで起きるかまったく予想がつかないため、地震によるリスクは、日本の、どのエリアに不動産を保有している場合であっても同じレベルであると考えてよいでしょう。

もし地震によってマンションが倒壊した場合、家賃収入が得られないばかりか建物を復旧するためのコストが発生するので、将来の修繕費用等もある程度見込んでおく必要があります。

火災によるリスク

地震による倒壊と同様、火災による建物の焼失も不動産特有のリスクです。

賃貸マンションの場合は入居者の不注意による失火や近隣建物からの類焼など、オーナー自身で防ぎきれない部分が多々あります。火を使う量と頻度が高くなればなるほど、火災のリスクは高くなります。単身世帯とファミリー世帯では火を扱う頻度が異なりますし、ガス器具を使用している住居とオール電化の住居では火災の可能性自体異なってきます。

都市計画の観点からも、古い木造住宅の密集地や前面の道路の幅が狭く、消防車両などが進入できないところは火災によるリスクが高いと言えるでしょう。

天災に関するリスクを回避するためには

地震や火災は保険によってある程度のカバーは可能ですが、それ以前の予防として、水害や地震の少ないエリアのマンションや耐火性の強いマンションを選択する努力が必要です。また、物件を複数持つという場合には、分散した地域に所有することでリスクを軽減できます。

マンション投資における天災のリスク対策は必須事項ですが、万が一の時に備えてしっかりとした保険にも加入しましょう。その内容をよく吟味しないと保証が受けられないケースや、保険金額が一定金額までしか出ないケースがあるので気をつけてください。

このページトップへ
©G.P.asset co.,ltd.